ホーム > 事業案内 > 環境への取り組み > 2021年植林レポート

2021年植林レポート

本部主催植林活動について、2021年もコロナの影響により植林地へ多人数での入山が出来なく活動は休止となりました。

神奈川支部植林レポート(埼玉支部からも2名参加)

去る11月2日、神奈川支部は協会本部が毎年行っていた国立赤城青少年交流の家周辺地域に有志8名(神奈川支部8名、埼玉支部2名)で植林活動を行いました。(少人数での活動申請を行い許可を得ての活動です)13時~15時30分まで活動。

活動エリアは2018年、2019年に行った場所となります。過去のレポートをご覧いただければお分かりいただけますが、1~2年しか経過していなくても強い下草はどんどん成長します。まずは背丈ほどの熊笹を刈り取り作業から行いました。

熊笹に埋まっていた2年前の苗木を7~8本救出しました。そして今回植えた苗木は約180cmまで立派に育ったアオダモを30本です。きっと熊笹に負けず頑張って育ってくれると思います。

今後の課題として、もう少し協力者を得て草刈り作業に入る回数を増やしたほうが森とまではいいませんが林程度までは成長できるのではないかと感じました。

鹿児島支部植林レポート

鹿児島支部は10月25日小雨の降る中(みんなで育てる未来の森)の植林事業を行ないました。
4年前植林した(どんぐりの木)が直形6㎝位に大きく成長していて草刈り&枝打ちを行ないました。

東京ドームの面積と同じ山の木々の根元に太陽があたり幹の成長がますます良くなるとの森林インストラクターの説明に支部会員も皆納得するばかりでした。終わる頃には雨もあがり秋晴れの楽しい1日となりました!

弱酸性美容協会

お問い合わせは
電話:03-3815-3830(弱酸性美容協会 本部)
ベル・ジュバンス「みんなで育てる未来の森」係

ページトップへ