弱酸性美容法

「それは一人の美容師の悩みから始まりま した。お客様の髪を傷める美容を、これ 以上続けるわけにはいかない。」

パーマ液といえばアルカリ性。アルカリ性には皮膚や髪のタンパク質を壊す化学的性質がある・・・
皮膚や髪を傷めないでパーマをかけるには、その反対の性質の弱酸性でパーマ液を作るしかない、たどりついた結論はこのようなものでした。 美容は、化学薬品の基準ではなく、人間の皮膚が弱酸性であることを基準に考えるべきではないか・・・。 以来苦闘する中で生まれたのが、画期的な「弱酸性理論」それを土台に開発されたのが、弱酸性美容法なのです

卵の実験でよくわかる弱酸性(酸性)とアルカリ性の作用の違い

まず、右の写真1をごらんください。シャーレという容器に割ったばかりの新鮮な卵を入れます。

写真2 その卵(黄身)を弱酸性パーマ液に浸けたのが右側、直後ですが卵(黄身)は丸く小さく見えます。タンパク質の細胞がキュッと締まったのです。
いわゆる弱酸性の収れん(引きしめ)効果です。
左は同じく卵(黄身)をふつうのコールドパーマ液(アルカリ性)に浸したもの。
黄身の丸みが少し平らになり大きく見えます。皮膚でいうと、右の黄身はひきしまった皮膚、左の黄身はたるんだ皮膚と言っていいでしょう。

写真3 10~15分後の状態です。
右の弱酸性パーマ液に浸けた黄身の色はそのまま、変化は無いようです。
左のコールドパーマ液に浸けた卵の黄身は、10~15分経過すると、色も変色して黒ずんできました。
黄身は人間の皮膚や髪と同様タンパク質でできています。
弱酸性とアルカリ性、この性質の異なるそれぞれの溶液の作用でタンパク質の変化する様子は、人の皮膚や髪の反応に近いものです。

パーマ液をかけて10分後に変色し、黒ずんでいく卵黄は、卵のタンパク質が一般のコールドパーマ液で腐っていく状態です。
一般のコールドパーマ液はアルカリ性ですから、アルカリ性のパーマ液の成分がタンパク質にどのように作用するかがこの変化でわかります。
一般のコールドパーマやヘアダイや アルカリ性のカラーリングをした後、髪が乾燥したりパサついたりするのは、髪のタンパク質が壊されて髪がアルカリ性に傾いた状態。アルカリ成分によるタンパク質の変化の結果なのです。
皮膚や髪に直接つける溶液がタンパク質を変化させない=壊さない、自然になじむ弱酸性でなければならない理由がこれでおわかりいただけるでしょう。

皮膚や毛髪のpH(ペーハー)はいくつ?

水は、pH7.0(中性)であることは、ご存知ですね。では、皮膚や毛髪のpHは?
それは、pH5.0*です。(*この値には、個人差・年令差により多少の前後があります。)
皮膚や毛髪を構成するタンパク質は、酸性なのです。

皮膚や毛髪に一番良い酸性は?

好適酸性:化粧水・乳液・クリーム・シャンプーなど皮膚、毛髪に塗布するものはこの範囲がよい。
人間のタンパク質pH5.0よりもう少し酸性のものに触れると、皮膚や毛髪はしっとり引き締り殺菌作用がおこります。
この弱酸性が皮膚や毛髪に一番良い酸性と言えるわけです。

弱酸性パーマ液は、美肌をつくる

顔のシワは、頭皮のたるみが引力の法則に従って下方へ落ちたものです。
弱酸性パーマ液で頭皮をひきしめれば、その分お顔のシワも減ることになリ、頭皮を引き締める事は若々しく美しいはりのあるお肌の大前提です。

「山﨑球体理論」だけが指摘する美容の大盲点!

それぞれずっと別のものとして考えられていた顔と頭。顔として見ている顔の肌と、髪におおわれて見えない頭皮は、一枚のつながった皮膚なのです。
顔も頭皮も同じタンパク質でできた皮膚なのだから、同じように弱酸性の皮膚を健やかに整える弱酸性のローションでつねにケアしてあげるべき・・・・・・。

スキンケアとヘアケアを顔と頭というひとつの「球体」で捉えた山﨑球体理論では、頭皮が間違ったケアで乾燥したり傷んだりするとアルカリ性に傾くことを指摘。
アルカリ性になった頭皮は弾力を失いたるむので、たるんだ頭皮がその下に続く顔の肌にまでシワとして「落ちてくる」という現象を指摘しています。顔の肌を化粧水できりりとひきしめるように、髪の下の地肌もきりりとひきしめてあげれば、全体がきりりとひきしまったなめらかな「球体」でいられるはずです。

毛穴の大掃除

弱酸性ヘアエステは、弱酸性にpH(ペーハー)コントロールされたトリートメントローションを頭皮毛髪に循環させながら、マニピュレーション(手技)で施術します。
頭皮の毛穴から老廃物を徹底的に取り除くリラクゼーションエステ。
頭皮の新陳代謝(約28日周期)にあわせて、このヘアエステをお続けください。毛穴はいきいき皮膚呼吸、髪も頭皮も本来の弱酸性をキープしてリフレッシュする、男性にも人気のサロンメニューです

シャンプー前

毛穴を塞ぐように皮脂等の汚れが溜まって、頭皮がくすんでいるのが分かります。
また、このように毛根が酸素不足になりますと、脱毛の原因にもなりますので要注意です。

シャンプー後

シャンプーでは、毛穴の汚れを除去することはできません。

トリートメント後

頭皮が、理想的な青白色に近づいています。
汚れがとれて、毛穴はクレーターのようにきれいな穴になっています。表皮の透明感も出ました。

弱酸性パーマ液とは?

当協会の創始者 山﨑伊久江が開発し、1963年11年28日に厚生省の認可を得た弱酸性トリートメント・ウェーブ・ローションは、この一番良い酸性に設定されています。

ページトップへ